Blog

ブログ

雲1

雲2

橋

コロナ時代の衛生常識 もあ歯科医院#コロナ時代の衛生常識#タウンニュース もあ歯科#歯科医療は清潔な環境から#ノーベルバイオケアシステム #ラスベガスシンポジウム#インプラント   #歯科医院の空気、大丈夫ですか?大丈夫です!#もあ歯科医院#歯医者 #歯医者 感染対策#コロナ #もあ歯科#タウンニュース もあ歯科#横浜市金沢区 歯科#とらばーゆ#とらばーゆ 歯科衛生士#歯科衛生士 18時までに帰れる#横浜市 歯科衛生士 18時までに帰れる#マイクロ 金沢文庫#横浜市金沢区歯科医院#金沢文庫 歯医者#金沢文庫 歯医者 インプラント#金沢八景 歯医者#横浜市金沢区泥亀 歯医者#歯医者 空気#歯医者 感染対策 #もあ歯科 タウンニュース #コロナ 歯医者 #歯科医院 選択基準


「歯医者さんに行きたいけれど、新型コロナウイルスの感染リスクが心配…」

という人も多いのでは。

これからのコロナ時代、

歯科医院にも高い衛生意識が求められる。

金沢文庫にある

「もあ歯科医院」(金沢文庫駅徒歩7分)は、

開院当初から

「清潔な環境づくり」

を意識し、

空気、

水、

洗浄滅菌に関わる

最新設備を整えている。

例えば空気。

院内は常に無臭で、

いわゆる

「歯医者さんのにおい」は一切ない。

田中洋一院長はその理由を

「医療用大型空気清浄機のおかげ」

と説明する。

この機器は、

歯科医院ではまだ導入が珍しく、

第三者機関のテストで

ウイルス除去率最大99・95%を誇るすぐれものだ。

「歯科医院内には、

歯や金属、

プラスチックを削った粉塵(エアロゾル)が

無数に舞っており、

そこにウイルスが付着する場合も。

高価ですが、

患者さまの安全のためには

必要だと判断しました」

と話す。

院内設備を通る水も重要だ。

1990年代から、

歯科ユニットの給水チューブ内の残留塩素が減少し

細菌が増殖することが

指摘されるようになった。

同院は、

遊離残留塩素濃度を

補正する除菌装置を導入し、

衛生的な水を実現した。

さらに

田中院長が

「自分が患者だったら、

コレがない歯科医院には通いたくない」

というのが

ミーレの器具洗浄機。

手洗いでは落ちにくい

血液などのタンパク質の洗浄を可能にした。

「滅菌処理の効果を

最大化するために

洗浄工程で

病原性微生物の数を

可能な限り少なくすることが

必要なんです」

と力を込める。

設備だけでなく、

こうした理念を

スタッフ全員が共有し、

実践している点も心強い。

「新しい時代の歯科医療」

の在り方を提示しているようだ。

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ