入れ歯・義歯

Denture

雲1

雲2

橋

Denture入れ歯・義歯

入れ歯・義歯

入れ歯とは、様々な理由で歯がなくなってしまった場合の治療方法です。残っている歯があり、それを土台にする場合は部分入れ歯、すべての歯がない場合は総入れ歯による治療を適用します。

入れ歯は、種類によっては見た目が好みと合わない、装着すると違和感がある、話にくいなどの問題が起こることがあります。これらの問題が起きないよう、お口の中の状態を正確に診断し、医師と相談をしながら適切な入れ歯を選び、定期的なメンテナンスを受けることが大切です。

Denture type入れ歯の種類

入れ歯の種類は豊富です。見た目の自然さや、保険適用の有無などで様々な種類を選ぶことができます。

保険診療の入れ歯

レジン床の入れ歯
レジン床の入れ歯

歯科用のプラスチックであるレジンで土台(床)を作ります。保険診療のため治療費が安く、適用範囲は広くほとんどの症例に使用することが出来ます。デメリットは、入れ歯を支える金具が目立ってしまうこと、強度を確保するために土台(床)の厚みを持たせるためで使用時に違和感が出やすいことです。

保険外診療の入れ歯

保険外診療の入れ歯は、費用は高額になりますが見た目が自然で装着時の違和感をかなり少なくすることができます。

コバルトクロム床の入れ歯
コバルトクロム床の入れ歯

コバルトクロムで土台(床)を作ります。コバルトクロムは入れ歯の素材として長い歴史のある安心できる素材です。耐久性と快適性に優れております。

マグネットを使用した入れ歯
マグネットを使用した入れ歯

磁石を入れ歯に取り付け、残った歯に金属のキャップをします。磁石がしっかりと吸着し合うため、安定感に優れています。見た目は自然で、残った歯の根元を利用できるので装着時の違和感が少ないです。